1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

夏前に痩せる!超簡単『8時間以内の食事』ダイエットとは?

2016.05.17(Tue)

【出典jp.freepik.com】



夏を目前に、今ダイエットに励んでいる人も多いのではないでしょうか。
水着や薄着など、肌を露出する事の多い『夏』は体型を特に気にしやすい季節ですよね!

・気兼ねなくプールや海で遊びたい!
・腕や足をしっかり出して夏のレジャーを楽しみたい!
・今年こそお洒落で露出度の高いファッションに挑戦したい!
・冬に溜まった脂肪を返上したい!

【出典amenaviajes.com】



そんな夏のスリム化計画に挑戦しようとするすべてのダイエッターに。
今回は海外でも話題の食事ダイエット『8時間ダイエット』をご紹介します!

超簡単“8時間ダイエット”:What's?



【出典breast-up.net】



『8時間ダイエット』とは1日の食事摂取時間を8時間以内に納めるダイエット方法。
例えば、朝の9時に朝食を食べた場合、その日の食事は17時までに済ませそれ以降の時間帯には食事を摂取しないという事です。

《8時間ダイエットのルール》
・1日で初めて摂取した食事が起点
・8時間以降の食事が厳禁!
・基本的に8時間以内であれば何を食べてもOK!
・水分補給をしっかりする!
・食事以外の飲み物は8時間以内に関係なく摂取可能!
※消化を必要とする食べ物や固形物が対象

超簡単“8時間ダイエット”:Why?



【出典summitskinandveincare.com】



この8時間ダイエットが何故痩せるのか?
それは『胃腸を休める事』と『食事リズム』を整える事で消化機能や免疫機能、デトックス効果を高め結果的に体の正常化に繋がるから。


胃腸での消化には相当なエネルギーを要するので、食事をすると胃腸はフル回転し体に大きな負担をかけます。
疲れた胃腸は、本来の消化機能や免疫力を失い、太りやすい体質や疲れやすかったりトラブルの多い体質をもたらすのです。
胃腸を、一定時間休ませる事で常に正常な働きができ、健康的なサイクルを生み出せます。

言うなれば毎日行うプチファスティング

一定期間、言わば断食状態にすることで体内がリセットされて本来の機能を発揮しやすい体質へと改善させます。
無理なファスティングよりも簡単で続けやすく、8時間以内であれば食事の内容にが制限がないのでダイエット初心者にも効果的なのです!


超簡単“8時間ダイエット”:Let's 8 hours diet!



【出典http://biyo-chikara.jp/】




それでは、今話題の8時間ダイエットを始めましょう!

《①準備》食事時間のサイクルを決める
・朝食の時間を決めて、そこから8時間以内を目標に夕食を済ませる
・仕事や休日など1日の行動サイクルを考えて無理のない時間を設定する

《②ダイエット開始》
・8時間以内であれば基本的に通常の食事内容で大丈夫!
・しかし、8時間以内とは言え過剰な摂取やカロリー・栄養を考えない食事はNG!
・毎日水を2リットル以上摂取する
・生活リズム上、8時間での食事サイクルがどうしても難しい場合は10時間以内でも大丈夫!

《③結果》
・1週間後、体調の変化や体重の増減をチェック!
・最低でも2~3か月続けましょう!
※なぜなら今の体を作っているのは2~3か月前に摂取した食事。不健康な食事サイクルから完全に体をリセットさせるにはこの期間が必要なのです。

《④注意点》
・過剰な摂取は控えましょう
・適度な運動を合わせて行うことでさらなるダイエット効果が期待出来ます
・飲み物の摂取は基本何でもOKですが、糖分の多いものやカロリーの高い飲み物は控えましょう
・水分の補給を怠ると便秘や脱水症状の原因になりますので気を付けましょう
・最初、サイクルの変化は排便などの排出機能を乱し便秘や下痢などの症状を引き起こす可能性もあります
※好転反応といい、従来の不健康なサイクルによる毒素を排出するサインでもあります
・最初の食事が遅い場合に夕食の時間が夜遅くや深夜になると、結局胃腸が休まらずダイエットに効果的ではありません
※なるべく早い時間での8時間を心がけましょう!

まとめ



今まで様々なダイエットに挑戦してきた筋金入りのダイエッターには少し物足りない印象かもしれません。
しかし、胃腸という臓器の機能は恐るべし!ダイエットに留まらず、美肌やエイジングにも大きな影響を及ぼすのです!

【出典https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/yasetagirl/】



続かないダイエットやリバウンドを引き起こすダイエットの根源には、『サイクルの乱れ』があります。
何も食べない!または『ダイエットに効果的な●●だけ食べる』という極端な方法では本来の体の働きを弱め、結果肥満を繰り返してしまうのです。
今年の夏こそは!という皆さん、この『8時間ダイエット』を試してみてはいかが?


一覧記事に戻る