1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

相席

サラリーマン必見!『仕事帰りの相席』で注意するPOINTとは?!

2016.05.23(Mon)

【出典http://blog.trashness.com/ermenegildo-zegna-suits-bags】




初対面の男女がテーブルをシェアして美味しい食事と出会いを楽しむ新スタイル『相席』。
平日など、相席を訪れるほとんどの男性はスーツを着た仕事終わりのサラリーマンだそうです。
全国に相席の出来るお店が増えているため、気軽にカジュアルに入店する男性が急増中なのです!

【出典http://8788.blog.jp/archives/26204027.html】



そんな仕事帰りに相席へ足を運ぶというサラリーマンの皆さん。
今一度、エチケットは大丈夫ですか?
1日働いた後の自らの姿や振舞いなど、客観的に見て女性に魅力的に映りますか?
ということで、仕事帰りのサラリーマンが注意すべきPOINTをご紹介します!


『仕事帰りの相席』で注意するPOINT①服装(髪型含む)



【出典http://trendylab.net/?p=520】



①シャツやスーツのシワ
これは、相席マンではなくビジネスマンとしての常識。
アイロンを掛けていないシワシワのシャツや同じスーツを着続けている事によるヨレヨレのスーツなど。
服装の乱れは心の乱れ!1日働いても爽やかでパリッとした服装を心がけましょう。


②ビジネスマンとしての必需品を身に着ける
・腕時計
腕時計はビジネスマンのたしなみ。
出来る男は腕時計をしっかり付けています!値段ではなく、付けている事に意味があるのです。

・整髪剤
髪型をビジネス仕様でしっかりスタイリングしましょう。
最近よく見かけるのは、ワックスやジェルを付けないヘアー。スタイリングは義務ではないが、している人ほど仕事が出来る優秀な男が多いとか。
また、休日に見せるビジネス以外のヘアースタイルでギャップ萌えも期待させる事が出来ますよ!

・ベルトや革靴
スーツでベルトを付けない、革靴ではなくナイロン系の靴や革靴に見えない靴などは論外ですね。
粋がっている中学生が付けるようなイボイボのついたベルトや、作業員が付けるようなナイロンのベルトはNGです!
靴とベルトのカラーを合わせて、艶やかで手入れの行き届いた小物使いを心がけましょう。

『仕事帰りの相席』で注意するPOINT②会話





①上司や会社の不満
会って早々、今日起きた嫌なことや上司との確執など不平不満を吐かないようにしましょう。
どれだけ理不尽な事がその日起こったとしても、それを不満という形で第三者に伝えることほど無意味でナンセンスな事はありません。

相手に伝わらない会社ネタ
「今日さ、会社の●●先輩が…」
こんな会話していませんか?
あなたの社内でしか分からないネタや笑い話は控えましょう!
相手は、あなたの会社の先輩になど興味はないのです。

『仕事帰りの相席』で注意するPOINT③疲れ感や不快臭



【出典https://www.pakutaso.com/20130910273post-3316.html】



①一日働いた不快臭対策
お仕事お疲れ様です!
1日働いた後の体の体臭は、努力の証です!
が、相席に行くのであればそれは女性にとって“努力の証”ではなく“NGの証”。
特に夏などは体臭が匂いやすい季節なので、デオドランド対策は万全に。

②仕事疲れた感満載の振舞
「あ~。今日も疲れた」
仕事が終われば誰しも疲れますが、それでも相席に来ているのであれば「疲れた」は禁句。
本当に疲れたのなら家に直行してから「疲れた」とささやきましょう。
仕事終わりの倦怠感や疲労感が滲み出ないように、爽やかな心意気で臨みましょう!

まとめ



仕事が終わって、そのまま家に直帰するのであれば個人の自由ですよね。
汗臭かろうがスーツやシャツがシワシワだろうが、関係のない事です。
しかし、相席に行くのであればもう一度自分の身なりや振舞いを振り返ってみましょう。

【出典http://free-photos.gatag.net/】



女性の多くは、スーツ姿の男性に憧れやカッコ良さを感じていると言われています。
ただ、それはあなたがどのようにスーツを着こなしているかによって大きく変わります!
私服を見てみたい!休日を一緒に過ごしてみたい!と思わせるようなビジネスファッションで相席に行きましょう!




※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※○※
相席 相席ナビ aiseki あいせき 相席居酒屋 相席カフェ 相席バー 相席ダイニング 福岡 博多
神奈川 川崎 女性無料 出会い カジュアル 「食」×「出会い」 婚活

一覧記事に戻る