1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

ビニール傘卒業♪自分だけの傘が見つかる都内傘専門店TOP3!

2016.06.18(Sat)

【出典 mery.jp】



雨の季節『梅雨』の到来。
連日降り続く雨の中、学校や職場へ行く際に欠かせないアイテムと言えば“傘”。

皆さんは今、どんな傘を使っていますか?

ほとんどの人が手軽に入手できる『ビニール傘』を使用しているのではないでしょうか?
思いがけないにわか雨や天気予報では曇りで傘要らずって言っていたのに…という突然の雨。
そんな時は、コンビニに駆け込んでビニール傘を500~600円で購入しますよね。
それでもやはり、いつも使うものであれば自分の好みや気分の上がる傘を持って雨の日に使いたいもの。

【出典 mery.jp】



実は傘に関するこんな深刻な現実も。
日本洋傘振興協議会の推定によると日本の洋傘の年間消費量は約1億3,000万本。
そのうち、約8,000万本がコンビニなどで売られているビニール傘だそうで、さらにそのうちの約5,000万本のビニール傘が、出荷から1年以内に廃棄されている現状なのです。
ビニール傘はリサイクルの出来ない構造なため、ほとんどが廃棄物として埋め立てられているのです!

コンビニで手軽に入手したビニール傘。
まるで捨て駒のように利用する傘に私たちは愛着も持たず、不要になれば簡単に捨てたりどこかに置きっぱなしにしたり。
年々増えるそのビニール傘のゴミは、環境を汚染する廃棄物としてどこかの国の土地に埋め立てられて『なかったこと』にされているのです。

そんな環境問題にも繋がる『傘』。
もうビニール傘から卒業して自分だけの『マイ アンブレラ』を手に入れてみては?
ということで、必ず『私の1本』に出会える都内でオススメの傘専門店TOP2をご紹介します!


都内の傘専門店ならココ:Cool Magic SHU’S(クール・マジック・シューズ)



【出典http://www.water-front.co.jp/shop/】




東京・自由が丘に最近オープンしたばかりのシューズセレクション初の傘専門店「Cool Magic SHU'S(クール・マジック・シューズ)」。
傘の常識を覆すお洒落で洗練された店内はまるでファッションビル。
全1~4Fには様々な種類・ブランド・デザイン・用途の傘で埋め尽くされ。ここでしか出会うことの出来ないまさに1点ものの傘達が並ぶ。
世界を見ても、ここまで大きな規模で傘のみを取り扱う場所は皆無。
この世界最大級のアンブレラのまるで最先端ファッションビルであなただけの『1本』を見つけに行ってみては?
1日がかりで楽しめる傘の世界へ迷い込もう。

【出典http://www.water-front.co.jp/shop/】



《詳情報》
Cool Magic SHU’S(クール・マジック・シューズ)


【住所】〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1丁目9-1
【アクセス】自由が丘駅北口徒歩1分、南口徒歩1分
【TELL】03-6421-2108
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】不定休
【取扱本数】約10,000本
【URL】http://www.water-front.co.jp/shop/

都内の傘専門店ならココ:Tokyo noble (東京ノーブル)



【出典http://tokyo-noble.com/】




上野にあるここ『東京ノーブル』は、まさに《傘のオートクチュール》。
カラーから柄、房、手元や竹の長さなど、あなたが最も快適に、最も心が躍る1本にカスタマイズしてくれる場所。
カラーは全77種類を用意。
『傘の職人』が真心込めて仕上げる傘はまさに一生もの。
修理もしてくれるから壊れても汚れてもメンテナンスしてくれるサービスも嬉しい。
特に喜ばれるのが『贈答品(ギフト)』!
大事な人へ、世界で1本の傘をプレゼント!年間を通して安定した雨の降る日本ではまさに打って付けの贈り物ですね。

【出典http://tokyo-noble.com/】



名称/Vegetabrella(ベジタブレラ)タイプ/折りたたみ傘 価格/4,860円(税込)
TVでも度々取り上げられたことのある野菜にそっくりなユニーク傘もここ『東京ノーブル』の作品。

《詳細情報》
Tokyo noble


【住所】〒110-0005 東京都台東区上野5-9-19 2K540 N-3
【TEL】03-6803-2414
【営業時間】11:00~19:00 ※季節により変動あり
【定休日】水曜日
【アクセス】JR山手線 秋葉原駅から徒歩5分、御徒町駅から徒歩3分
銀座線 末広町駅から徒歩3分
【URL】http://tokyo-noble.com/


まとめ



1本の傘に出会う。
それは、まるで服を選ぶように自分の好きなスタイルやカラーで心行くまで選びましょう!

【出典http://shoppies.jp/user-curation_details/328/_p/t_n_328/b】



傘への愛着が湧けば、きっとその傘を一生大切にする事でしょう。
そして、無下に廃棄されるビニール傘の数が減り環境的にもファッション的にもwinwinな結果を生み出します。
さぁ!梅雨を思いっきり楽しむ傘探しの旅へ!

一覧記事に戻る