1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

相席

歳の差相席!“年下女子”が“年上男性”と仲良くなるための方法とは?

2016.08.18(Thu)

【出典http://motejo.jp/single/approach-to-older-man.html】



例えば職場で、バリバリ仕事をこなす年上の優しい上司に、ある時キュンッとしてしまうことはありませんか?
意識しなくとも年上の男性に好意を抱いてしまう瞬間はあるのではないでしょうか。

ある程度の仕事の地位を築き、充実したプライベートに心の余裕。
同年代の男性に求めても叶わない魅力がたくさん詰まっている“年上のカッコイイ男性”。

そんな年上の男性と相席する機会が訪れた時、彼の心をゲットしたいと思った時に実践したい年下女子のアピールポイントをご紹介します!

きっと、そんなあなたの魅力に惹かれる年上男性へ積極アプローチしましょう!


年上男性と仲良くなる方法:“Cute”…ちょっと世間知らずな可愛さ



【出典http://motejo.jp/single/approach-to-older-man.html】



年下の魅力と言えば、若さ。
若さの中でも、愛おしく感じるような“世間知らず”な雰囲気は年上男性を和ませるアピールポイントの一つです!

普段、世間の中で戦う責任ある男性にとって社会のしがらみを感じずに和ませてくれる女性に癒しを求めます。
そういった点で年上男性が気負わずにいられるのが年下女子の良いところ!

ただ、注意したいのが世間知らずを通り越した『おバカ』。
ニュースを全く見ずに社会のことを知らなかったり、たただ単に知識が全くない女子は年上男性に飽きられてしまいますのでご注意を。
程よい若さによる世間知らずと、ある程度の社会的常識の分別は持ち合わせて可愛さアピールしましょう!

年上男性と仲良くなる方法:“Gap”…気が利く大人な一面



【出典https://www.fruitvalefilm.com/4629】



よく恋愛本や恋の法則などで言われている《ギャップ》。
確かに、普段とのギャップや見た目・印象とのギャップは相手に驚きや興味を与えます。
そして、より知りたいという好奇心を掻き立てるものなので恋愛においては有効なのでしょう。

基本、年上男性は年下女子と時間を過ごす時はリードしようとします。
年下女子はこうしたリードには素直に応えて年上男性のエゴを満足させてあげましょう。
しかし、合間合間に見せる若さだけではない、気配りや博識、信念など「お~!若いのにしっかりしてる!」と印象付けられるとさらにポイントアップ!

女性に対して自律を求める男性も多く、年下女子に見受けられる恋愛依存や彼氏依存と言った年上男性の懸念事項を払拭することが出来るでしょう!
甘辛でただの若さアピールだけではない自己主張を!

年上男性と仲良くなる方法:“Smile & young”…笑顔と若さ



【出典http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/15398】



男性が好きな女性の表情はそう『笑顔』。
年齢に関わらず、笑顔を見ると相手に良い印象を抱きますよね。

そんな中でも年上男性にとって年下女子の純真無垢な笑顔や、元気溢れる自然な笑顔は大きなキーポイント!
あなたの笑顔で自然と男性の顔にも笑顔を咲かせるような【幸を呼ぶ女子】になって、あなたの虜にすることが出来るでしょう!

また、若さの最大の武器は“カラダの若さ”。
若い女性なら意識しなくとも自ずと理解している特有の武器だからこそ、毎日磨きを掛けているはず。
美しい肌や若々しいスタイルなど、年上男性が思わずドキッとする魅力をアピールして行きましょう。
例えば、少し露出のある服を着てみたり、軽いぼでいータッチを仕掛けてみたり、ヘアースタイルやネイルなどにこだわってみたりと若さ故に出来るアピールポイントは積極的に見せて行きましょう!

まとめ



もし、若さだけをもとめるのであれば年上男性は“クラブ”や“キャバクラ”などに行く選択肢もあります。
しかし、相席で知り合ってその後仲良くなって行くためには《若さ》だけではない、別の魅力もしっかりとアピールしていく必要があります。

【出典http://tabi-labo.com/206685/older-men-love/】



例えば、食事の支払いをして貰った後にしっかりと感謝出来たり、時と場所を考えて話す声の大きさや雰囲気を変えることが出来たり。
ただ、若いだけでは許されないマナーやしっかりとした一面を見せることで一緒にいても安心できる女子として好印象を獲得出来ます。

“若さと“安心感”を上手くMIXして、年上男性にとって魅力的な年下女子を目指しましょう! 




一覧記事に戻る