1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

相席

断り上手が実践!連絡先を教えたくない時の回避術とは?

2016.09.12(Mon)

【出典http://my-closet.jp/】




全く興味のない男性から連絡先を教えて欲しいと言われた場合、女性の皆さんはどうしますか?
相手に不快な思いをさせず、上手に断れればいいですが断り下手な人にとっては難しい問題ですよね。

最近では、SNSなどのコミュニケーションツールが増えてより他人と繋がりやすい環境になったため、断るのも一苦労。
相席などの初対面同士では、連絡先の交換も頻繁に行うため自分の連絡先をどうしても教えたくない場合にはある程度の『断るスキル』が必要になります。

ということで、今回は男性に連絡先を聞かれた場合に上手に断る回避術をご紹介します。


電話番号を教えない回避術:逆に聞いてこちらから連絡すると伝える



【出典http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com】



SNS普及に伴って、電話番号の交換が主流ではなくなりましたが、中には電話番号の交換を望む男性もいます。

例えば、すぐに連絡したい男性や、SNSに疎くてTwitterやinstagram、さらにはLINEなどもしていないという古風な男性もいますので知って損はないでしょう。

電話番号を聞かれた場合、携帯の電源が落ちている前提で『架空の番号を伝える』という手段があります。
しかし、この方法だと相手に後々不快な想いをさせてしまうので要注意。

別の方法として「私から連絡します」と伝えて、相手の電話番号を教えて貰いそのままスルーする方法も効果的です。
電話番号は、単刀直入に繋がる分下手に交換するとリスクが大きいのでしっかり断りましょう!


アドレスを教えない回避術:サブアドレスを教える(Gmailとか)



【出典https://welq.cdn-dena.com】



今や、ネットショッピングや会員登録のためにしかメールアドレスを使わないという人も多いと思いますが、万が一メールアドレスの交換を求められた場合の回避術です。
交換自体を回避するのではなく、連絡先になり得ないアドレスを伝える事が一番効果的です。
GmailやYahooなどのサブアドレスをもっている場合は、そういったメインではないアドレスを伝えましょう。

一方、こうしたアカウントを持っていない女性は先ほどの電話番号の時のように「携帯の電源がない」「アドレスが長くて覚えていない」と伝えて、相手のアドレスを聞いてスルーしましょう!
メールアドレスは、連絡先の中では比較的リスクの低いものなのであまり気にする必要がないかもしれませんね。

SNSを教えない回避術:最悪LINEを教える(すぐにブロック)



【出典http://my-closet.jp】



連絡先の交換と言えば、「SNS」が当たり前の時代。初対面同士の連絡先交換もほぼ100%『LINE』を利用するのではないでしょうか。
SNSの便利な点は、相手とのコネクトを簡単に断ち切ることが出来るというメリットがある一方、SNSのツールによっては予想以上の個人情報が不本意に伝わるデメリットがあることです。

もし、LINEの交換になった場合は『とりあえず交換』しましょう。
そして、交換して友達追加になった後“ブロック”することが一番確実な回避術です。
Face bookだと、ほとんどの人が実名で行っているため一度繋がると個人の情報が必要以上に伝わる恐れもあり、また友人の友人など友人関係まで見えてしまうため、注意が必要です!

まとめ



いかがですか?望まない連絡先交換というピンチに陥った場合の回避術をご紹介しました。
本当に本当の潔く回避する方法は「初対面で連絡先を交換しないです」という一言かもしれませんね。
それでも断ることが苦手な女性はやはり、“自分の連絡先を伝えず相手のを教えて貰う”という定番の回避術が手堅い方法であるということが分かります。

【出典http://josei-bigaku.jp】



また、SNSなどは繋がりやすく断ち切りやすいというメリットデメリットを利用して、一旦繋がった上でブロックするなどの回避術を行うことが有効なようです。
相手に気づかれず、上手に断るスキルを磨いていきましょう!

一覧記事に戻る