1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

婚活

【婚活体験談 ~その1~】今、官公庁の婚活がおもしろい!

2014.12.28(Sun)


婚活パーティーといえば、フリーペーパーやWEBに数多くの広告が掲載されていますが、その主催者となっているのは民間企業やサークルが主催している場合が多いと思います。
実はそれらとは別に、市役所や商工会など、自治体や地域の団体が開催している婚活パーティーもあるのです。

官公庁が行う「少子化対策」の一環として婚活イベント


官公庁が開催する婚活パーティーの情報は、主に新聞や広報紙などに掲載されることが多いので、民間の婚活パーティーばかりに参加する人であれば、開催されることを知る人も少ないこともあり、ある意味「穴場」といえる婚活パーティーです。
官公庁が開催する婚活パーティーは、カップリングがないことと、パーティー参加後のアフターフォローがないことが民間の紺活パーティーとの大きな違いです。
「出会うきっかけは提供するけど、後は自己責任で」というのが、官公庁が開催する婚活パーティーの特徴となっているようです。

地域のイベントや観光地などを活用した婚活イベント


実際に私が参加したのは、地元の市が主催する婚活パーティーです。
市街地の中にある公園や昔の街並みをめぐる「クイズラリー」に参加して、そのあとチケット制のバルイベントに参加するものでした。
バルイベントでは、ワンドリンク制の食事を楽しみつつ、参加しているメンバーが交代し、参加しているすべての女性と1回は会食ができるという趣旨のイベントで、店を選ぶ時の道案内や、店の場所とりなどは市の職員さんがしてくれたので、参加している側としてはイベントを楽しみながら、参加者である異性との交流を深めることに専念できました。
一般的な婚活パーティーだと、自分だけではなかなか話しかけることができないこともありますが、官公庁主催であるがゆえに、非常に参加者に配慮したパーティーとなっているのは、非常に好感が持てますね。

一覧記事に戻る