1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

新年を迎える!古都で除夜の鐘が鳴らせるオススメのお寺特集

2015.11.29(Sun)



2015年も残り1ヶ月余となりましたが、年越しの予定などは決まっていますか?
家族でゆっくりと過ごすも良し、恋人と新年をお祝いしても良し!仲間とカウントダウンパーティーに行くのも良し!2015年という一年に感謝を告げて2016年という新しい年を、清々しい気持ちで迎えたいですよね。

京都は、そろそろ燃えるような美しい紅葉が徐々に落葉して冬の装いへと衣替えする頃。昔の暦でも12月から本格的な冬へと移行するこれから、共に過ごす恋人や大切な人と一緒に過ごしたいものですよね。そんな想いを叶える出会いの場所『相席居酒屋』は、現在全国にその数を増やし、古都『京都』にも気軽に相席出来るお店が誕生しているようです。

ぜひ、恋人や大切な人がいるのなら、大晦日は除夜の鐘の音を聞きに京都のお寺に2人で繰り出してみませんか?一年を厄を払い落とし、神聖な気持ちで新たな年を大切な人と迎える、素敵ですよね。

ということで、今回は除夜の鐘を撞(つ)く事の出来る京都府内のオススメスポットをご紹介!2人で鐘を鳴らして、共に幸せな新年を迎えてください!

大晦日に除夜の鐘を撞けるスポット①高台寺



【出典元http://www.kodaiji.com/】

東山霊山(りょうぜん)の山麓、八坂法観寺の東北にある。正しくは高台寿聖禅寺といい、豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね、出家して高台院湖月尼と号す)が慶長11年(1606)開創した寺である。


【出典元http://souda-kyoto.jp/】



[除夜の鐘情報]
22時頃より、先着 108組に整理券が配布され、23時45分から鐘を順に撞き始める。22時から新年の午前2時まで庭園のライトアップ(拝観料500円)も行われ、鐘を撞き美しい寺内を歩けば身も心も清められる。
[お問合せ・詳細情報]
◎URL http://www.kodaiji.com/
◎TEL 075‐561‐9966
◎住所 京都市東山区高台寺下河原町526
◎アクセス 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」下車徒歩約30分

大晦日に除夜の鐘を撞けるスポット②金戒光明寺



【出典元http://www.kurodani.jp/】

浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。また、幕末京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった。


【出典元http://souda-kyoto.jp/】



[除夜の鐘情報]
23時ごろから整理券配布、先着100組。23時45分ごろから撞き始め、お札の授与もある。
[お問合せ・詳細情報]
◎URL http://www.kurodani.jp/index.html
◎住所 京都市左京区黒谷町121
◎電話 075-771-2204
◎アクセス 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」下車徒歩約30分

大晦日に除夜の鐘を撞けるスポット③真如堂



【出典元http://shin-nyo-do.jp/】

真如堂は、正式には鈴聲山れいしょうざん 真正極楽寺しんしょうごくらくじといい、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺。今から、約1千年前の永観2年(984)、比叡山の戒算上人かいさんしょうにんが、比叡山常行堂のご本尊阿弥陀如来(慈覚大師作)を東三條女院(藤原詮子。円融天皇の女御・一條天皇の御母)の離宮があった現在の地に移して安置したのが、真如堂の始まり。


【出典元http://shin-nyo-do.jp/】



[除夜の鐘情報]
年越しに108つの鐘を撞き、新たな気持ちで新年を迎える除夜の鐘。24時頃から1時過ぎまで、約500人が参加する。先着順に4~5人で1回撞き、合計108回鐘を鳴らす。体のあたたまるお薬湯の無料接待もある。
[お問合せ・詳細情報]
◎URL http://shin-nyo-do.jp/
◎住所 京都市左京区浄土寺真如町82
◎電話 075-771-0915
◎アクセス 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」下車徒歩約35分

大晦日に除夜の鐘を撞けるスポット④東福寺



【出典元http://www.tofukuji.jp/】

摂政九条道家が,奈良における最大の寺院である東大寺に比べ,また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で,「東」と「福」の字を取り,京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺。


【出典元http://www.tofukuji.jp/】

[除夜の鐘情報]
2016年を迎える前に、旧年2015年を送る法要「百八の鐘」。境内には、五社成就宮のそばにある鐘楼と日下門近くの経蔵そばにある殿鐘楼の2カ所であり、大鐘楼は一般参拝者が多く、もう一つの鐘は地元の人たちが中心。 22時30分ごろに開門され、23時ごろからそれぞれの鐘の先着108組に整理券が配布される。23時30分から撞き始め午前1時ごろまで続く。
[お問合せ・詳細情報]
◎URL http://www.tofukuji.jp/index.html
◎住所 京都市東山区本町15丁目778
◎アクセス 京阪本線・JR奈良線「東福寺駅」下車徒歩約10分
◎電話 075-561-0087

まとめ


2016年をより幸せな年にするために、恋人や大切な人との関係をより良いものとするために…
京都の由緒あるお寺で、大晦日を過ごしながら古都に鐘の音を響き渡らせませんか?
きっと、思い通りの2016年を迎えることが出来るのではないでしょうか。

今回ご紹介した除夜の鐘を撞けるお寺は、ほとんどが先着順で108名しか撞ける事が出来ないので、可能であれば早めに鐘の周辺に待機しておくことをお勧め致します。
また、この4カ所の鐘以外にもまだまだ体験の出来るお寺さんもあります。例えば、永観堂や天龍寺、誓願寺、引接寺(千本ゑんま堂)など、府内各所にあるのでぜひ訪れてみてはいかがですか。除夜の鐘を2人で撞いて、幸福と運を引き寄せましょう!

一覧記事に戻る