1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

からあげだけじゃない! 大分のご当地グルメをご紹介

2015.07.14(Tue)


出典元:https://www.pakutaso.com

全国各地でご当地グルメがブームですよね。大分県も中津からあげが全国で話題になりました。
そこで今回は中津からあげをはじめとした大分のご当地グルメをご紹介。
これを読めばきっと大分に行きたくなる!

中津からあげ


もはや全国的に知られるところとなった大分のソウルフード。
中津市内にはからあげ専門店が30件以上軒を連ね、味付けも店によって様々。にんにくやしょうがのほか、各店舗それぞれで独自にさまざまなスパイスを加えて味に個性を出しています。パンチのある味付けは、揚げたてはもちろん冷めてもおいしく食べられます。食べ比べながら歩き回るのがオススメ。

とり天


鶏肉を天ぷらの衣で包んで揚げた、文字通り「とりの天ぷら」がとり天です。発祥は諸説ありますが、別府市内の台湾系の中華料理として生まれたのがはじまりと言われています。からしと酢醤油のほか、ポン酢などにつけて食べるんだとか。店によっても味付けが様々なので、好みの味の店を探してみてもいいかもしれませんね。

ぶりの温めし


ぶりの漬けをアツアツのご飯の上に乗せて食べる漁師めし。
関さば、関あじをはじめ、海の幸に恵まれた大分ならではのご当地グルメです。
なお、大分ではぶりのほか、さばやあじなどの鮮魚を漬けにしたものをりゅうきゅうと呼んでおり、これを丼にしたものをりゅうきゅう丼といいます。りゅうきゅうの名は、琉球から伝わった料理だからという説があります。大分名物なのに琉球というのはちょっとおもしろいですよね。

いかがでしたか?
相席ナビMAGAZINEでは、大分県のお役立ち情報をはじめ、相席居酒屋や出会いイベント、グルメなどさまざまな情報をお届けしていきます。
今後の更新も乞うご期待!

一覧記事に戻る