1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

城ガールも注目。行ってよかったお城第三位の松江城、63年ぶりの国宝指定

2015.06.25(Thu)


出典元:https://ja.wikipedia.org

歴女や城ガールという言葉がありますが、女性は結構日本史が好きだったりします。戦国武将や幕末維新の志士に憧れる女性も少なくないんだとか。最近では日本刀がブームになっていたりして、刀にちなんだ寺社仏閣や刀を展示する美術館が人気という話も。
実際、城めぐりはやってみると結構楽しかったりします。天空の城として話題になった兵庫県の竹田城跡などは、あまりお城や歴史に興味がない人でもすばらしい景観を楽しむことができますよね。

さて、日本国内で現存する天守閣はいくつあるかご存知でしょうか。
日本には数多くのお城がありますが、そのほとんどは焼けたり取り壊されたりなどで失われています。お城の跡だけであったり、あるいは復元したり、ということですね。大阪城や名古屋城は復元されたお城です。
城跡や復元がほとんどのお城の中で、江戸時代またはそれ以前に建てられて、現在にまで残っている天守閣が現存天守です。いくつあるかというと、全国で12あります。そのほとんどが重要文化財か国宝に指定されているのですが、その中の一つ、島根県の松江城が今年5月にようやく国宝に認定されました。
どうしてこんなに遅くなったのでしょう。
実は松江城、いつ建てられたのかをしめす証拠が行方不明になっていたんだそうです。懸賞金500万円をかけて調査をした結果、松江神社で発見され、裏づけが取れました。築城年は1611年。今から400年以上も前になります。当時に建てられたお城が現代にまで残っているというのは、ビックリというよりほかないですね。

松江城は国宝認定される以前から、城めぐりファンの間では人気のあるお城で、行ってよかったお城トップ3に選ばれるほど。城ガールの注目も熱いようです。これを機に一度松江城を見に行ってみてもおもしろいかもしれませんね。ひょっとすると素敵な城ガールとの出会いがあるかも……?

いかがでしたでしょうか?
相席ナビMAGAZINEでは島根県のおもしろ情報のほか、出会いイベントや相席居酒屋など、さまざまな情報をお届けしていきます。これからの更新に乞うご期待!

一覧記事に戻る