1. >
  2. >
  3. >

相席ナビ MAGAZINE

その他

『未読』スルーの対処法。返事を引き出すテクニックとは

2016.02.27(Sat)

LINEの「既読スルー」は一時期かなり話題になりました。自分が送ったメッセージに既読がついているのに、なぜか相手から反応が来ず、ずっと無視されて……。という経験がある人も多いのではないでしょうか。情報系サイトでは「既読をつけずにメッセージを読む方法!」なんて記事も書かれていましたね。それくらい多くの人にとって共通の悩みなのでしょう。

仲の良い相手なら「仕事忙しいって言ってたしな…」とか「あいつめんどくさがりだからな〜」と思える既読スルーですが、相席や合コンでせっかく連絡先を交換できた相手から既読スルーされた時は、どうしても何でスルーするの!?と思ってしまいますよね。

さらに、最近では「既読」スルーではなく、そもそも見て既読をつけすらしない「未読」スルーも多いんだとか……。

せっかく相席でいいなと思える子と出会えてさらに連絡先の交換もできたなら、次のデートにつなげたり、他の子を紹介し合ったりなどなど一歩踏み込んでいきたいもの。もちろんこの悩みは男性だけに限りません。気になる男性とLINEを交換したけど連絡が来ない…なんていう悩みは女の子にもありますよね。この記事ではそもそも未読スルーがなぜ起こるのかというところから、どうやったら返事を貰いやすくなるかを考えていきます!

そもそも未読スルーって?

「既読スルー」への悲しみや怒りの意見が広まった今では、わざわざ相手に悪い印象を与える既読スルーをあえてしていこうと思う人は少ないです。「既読をつけてしまったら返事を出さないといけない気がしてしまう」のをみんなわかっているで、「あえて既読がつかないようにメッセージを開こうともしない」のです。

自分が未読スルーをしたことがある人はよくわかると思います。スルーには様々な理由がありますが、「あ、この人からLINE来たけどめんどくさいな…」「こないだはその場の雰囲気でLINE交換せざるを得なかったけど、やっぱ好みじゃないしLINEしたくない…」なんて理由も十分考えられます。

未読スルーされてしまう理由

1:連絡したくないと思われている
上にも書いたように、相手が「仕方なくLINEを交換することになってしまった」場合や、何か相手を怒らせてしまい、とにかく連絡をしたくないと思われているパターンです。前者の場合、どうせ一回会って連絡先交換しただけだし、無視してればそのうち諦めるだろと思われている可能性が高いです。後者の場合は、しばらくやりとりを続けていたなどである程度仲良くなってから起こります。その場合はじっくり思い当たる節がないか考えたり、共通の友人にそれとなく相談して探ってもらうなどして、謝りましょう。

2:どうでもいい・めんどくさいと思われている
相席や合コンなどの場で少し打ち解けて、LINEの交換もできた。そしてLINEでやりとりを続けていたのに、いつのまにか未読スルーされている…。という場合は、一旦自分と相手のLINEを見返してみましょう。一方的な会話になっていないか、明らかに相手にめんどくさがられてないかチェックして下さい。また、女性に嫌われる話し方をしているかもしれない、という点でも自分を見直してみましょう。女性慣れしている男性や日常的にコミュニケーション力が要求される仕事に就いている男性にはあまり関係がありませんが、いわゆる男ばかりの学校や職場で育って来た男性にたまにいるのが、相手の話を拾ってコミュニケーションを取ろうとしてないパターン。その他には、下ネタが増えてきて嫌になった、中身がなさすぎて何て返信するか考えるのすら億劫になった、などの可能性が考えられます。女性に嫌われないLINEトークを考える必要があります。

3:そういう性格
相手がそもそもマメじゃないという可能性もあります。まだLINEすら登録していないという人もいる世の中です。そもそもマメに連絡を取り合うことをしないという人もいます。相手はわざと未読スルーをしているのではなく、LINEをチェックする習慣がないのかもしれません。

4:忙しくてそれどころじゃない
学生はともかく、働いている人なら考えられます。仕事が多忙で電車などの移動中はできれば目を閉じて寝ていたい、家に帰ったらもうすぐ寝たい…。という状態にある可能性も。ある程度仲が良かったり、他のSNSで繋がっていれば相手の近況を聞きやすいですが、そうでなければじっと待つしかありません。しばらくスルーが続いて「あれ、忙しいのかも」と思ったら、メッセージの最後にでも忙しかったらたくさん送っちゃってごめんね等の相手を気遣う言葉を入れておきましょう。仕事が一段落して相手がLINEを読むことになった時に、印象が良くなります。

5:他の理由
交友関係が広い人であれば、一度に多くの人からメッセージが着て、あなたのLINEがどんどん下に押し流され単に忘れられているのかもしれません。
これは特殊な例ですが、相手を焦らそうという駆け引きのために行っている可能性もなくはありません。この場合は相手はあなたに興味があるということなので、心配する必要はありません。
また、これは筆者の個人的な経験ですが、ずっと古いスマホを使い続けていて、すぐに電池切れを起こすようになってしまった時がありました。少しでも電池の持ちを延ばそうとあらゆる通知をオフにし、そのままLINEをチェックすることを忘れていた、なんてこともありました…。うっかりが多い相手ならそれもありえるかも…?

未読スルーにはどう対処すれば良いか


以上、未読スルーの起こる理由についてみてきました。未読スルーと一口に言っても期間はさまざまです。どれくらいの期間スルーされていたかは上で見て来た通り理由にもよるので、あまり気にしなくても大丈夫です。未読スルーが続いてもまあいいや、とゆったり待ち構えることのできる気持ちの余裕を持つことが大事です。

※ちなみに、以前行われたアンケート(http://smartphone.r25.jp/news/119459)によると、未読スルーをしてしまう一番の理由は忙しいから(59.1%)でした。次いで返信しなくても良い内容の時、眠たいとき、と続いていくので、よっぽどこちらがめんどくさい内容を送っていない限り気にしなくても良さそうです。

かといって、「返事が欲しいなあ」と思ってしまう相手はいるものです。しかし、急かしたりどんどんLINEを送りまくるのは…と気を使ってしまいますよね。未読スルーが気になるなら、返事を貰いやすいメッセージを送れば良いのでは、と思いませんか?

というわけで、「では、どうしたらLINEのメッセージがスルーされにくくなるのか」を考えていきましょう。

未読スルーの対処法

1:短すぎ(1行)は×。長め&冒頭で気を惹く
LINEの新着メッセージをスマホの通知センターに冒頭だけ表示させる人は多いと思います。また、トーク一覧でも冒頭に何と書いてあるかは見ることができますよね。この既読をつけずに読むことのできる冒頭部分だけで「あ、これどうでもいいことだな」と相手に思われてしまう内容だと、当然返事は期待できません。また「今ヒマ?」なんて一言を、まだあまり興味のない人や仲良くなってない人から送られて、喜んで見る人も少ないでしょう。すぐに返事をしなくても「ちょっと忙しかったからごめんね」と言い訳もしやすいのでなおさら無視されがち。

なので、メッセージの文面を長くする、さらに冒頭で「おっ?」と思えるような内容を送るのが効果的になってきます。LINEの通知画面で読めるのは、どの媒体でLINEを使うかにもよりますが1行〜3行ほど。なので、これはただの一例ですが「この前○○さんが言ってた△△って……」のような「ん?なんだっけ?」と相手に思わせるような文章を考えてみると良いでしょう。

2:質問で終わらせる?
メールなどを続かせるにはどうすればいいのかという話題でもよく挙がっていたのが、この最後の文を質問にするというテクニック。ですが、単に質問を送るだけでは逆効果になってしまう場合も。
先ほども書いたように「メールの最後は疑問系で終わらせる」というのはよく聞くアドバイスで、実践している人もかなり多いです。確かに自己完結してしまってどう反応したら良いのかわからないメッセージよりは、質問を送られた方が答えやすい、という面はありますよね。しかし、疲れている時にどうでもいいような質問を投げかけられたら、男性でも女性でもめんどくさいなと思ってしまうことはあるはず。「今日のお昼何食べたの?」だけならすっと答えやすいですが、そのまま「好きな○○は?」「これとこれだとどっち派?」なんてメッセージが何度も何度もきたら「いつ終わるんだ…」と思ってしまいます。

好きな相手からのメッセージなら、どんな内容でもそれがくるだけで嬉しいです。が、好きでも嫌いでもないような相手、とりわけ知り合ったばかりの相手ではそうはいきません。相手にめんどくさいと思われてないかのタイミングと、引き際を見極めるのがコツです。

3:相手の時間に合わせる
ひとつ前で書いたことと少し重なりますが、相手が返信しやすい時間を狙うのも効果的です。仕事中は携帯を触れない人も少なくありませんし、そういう人は仕事などが終わったあとにまとめてチェックをすることになります。一度に何人もの人へ返事を書くのは少なからず労力が必要です。どうせなら、相手が1人でリラックスしているようなLINEをチェックしやすい・返事を書きやすい時間を狙いましょう。あらかじめ仕事の時間や予定をさりげなく聞いておく必要があります。

4:たくさん送らないでおく
もちろん、いろんな人や企業アカウントから頻繁にメッセージを貰うような人の場合、自分のメッセージが埋もれてしまって気づかれにくくなっている、という可能性もあります。そういう時は、何度かメッセージを送ってみるのも手だと思います。
が、それよりは自分の連絡を価値あるものにするほうが効果的です。
普段頻繁にどうでもいいようなことをやりとりする人よりも、たま〜に面白いメッセージを送ってきたり、会話自体は少ないのにその少ない会話の内容が面白い人のほうが「あっこの人からLINEきた!」と思ってもらえます。つまり、あなたから連絡がくること自体の価値が相手の中で高まっている状態です。内容を吟味して、適切なタイミングで送ってみましょう。

5:気にしない
ぶっちゃけると一番いいのは気にしないことです。
これまで見てきたように、LINEをする時間帯も理由も頻度も人それぞれ。気にしないのが一番です。もしかしたら相手がわざと焦らして「フフフ…これで私のことが気になって仕方なくなってるな」なんて思われてるかも?「返事が来ない!なんでだろう、なんか変なこと送っちゃったかな…」と不安になるよりは、他のことをして気を紛らわせている方が、いざ返事を書く時に変に緊張したり失敗することも少なくなります。

まとめ

恋愛はもちろん、日頃のやりとりとも切っては切れない関係にあるLINE。相席でももちろん楽しい相席の時間を過ごすのも重要な要素のひとつですが、せっかく「あ、この子いいな」という人と相席になれて、さらに連絡先も交換できたなら、そこからもっと仲良くなりたいですよね。相席だけでなく相席後にも楽しく会話するテクニックを身につけて、よりより相席ライフを送りましょう!
相席は毎日どこかのお店で開催中!最初はうまくいかなくても、何度も経験を重ねることで上手くなっていくものです。こだわりグルメとお酒をお得に楽しめる相席、お時間ができたらどんどん利用してみてくださいね♪【相席ナビ】ではお近くの相席可能店舗をすぐ検索できますよ!

一覧記事に戻る