1. >
  2. >
  3. >

モテるメンズは下着もこだわる♡オススメしたいアンダーウェア

下着なんで誰も見てないなんてことは大間違いです!女性はある意味男性よりも下着をチェックしている可能性もあります。ファッションの一部でもあるアンダーウェアをオシャレなものにして、内からいい男になりましょう♡

ファッション 更新日:2016.09.28

モテるメンズは下着もこだわる♡オススメしたいアンダーウェア

オススメしたいアンダーウェアとは?

ファッションはもちろんのこと、下着にまでこだわるのがモテるメンズというものです!「どうせ見えないから」とセットで千円、みたいな下着を履いていると、知らず知らずのうちに男が下がっているかもしれませんよ・・・。もちろん、いざという「見せる時」にも、ひと味違う格好いい下着の方がいいに決まってます!

見えない部分に普段から気を配ってこそいい男!ということで、芸能人御用達ブランドから知る人ぞ知るブランドまで、おすすめのちょっといい下着をご紹介します!

1、キムタク御用達!「Gravevault」

引用元:http://www.gravevault.jp/contents/category/products/

TVで、「キムタクが明石家さんまにプレゼントした」と話題になったブランドです。芸能界での愛用者はキムタクだけにとどまらず、実はファンが多いブランドなんだとか。最高級ナイロン×日本最高水準の縫製技術を駆使した、正真正銘日本製の高級ブランドなので、本物志向の方にオススメです。

デザインはシンプルなモノトーンから、かなり派手な柄物まで揃っているので、好みに合わせて誰にでも幅広く愛用できるデザインですね。モテるメンズたちが今目をつけているブランドです。

話題沸騰の「TOOT」

引用元:http://www.toot.jp/

作りが浅めなこともあり、かつては「ゲイ御用達」とも言われていたこのブランド。しかしその情報は既に古く、最近ではオシャレなメンズの間で流行っているんです。その特徴は何といっても、ベスポジに収まるその履き心地。立体裁断がされているので、どんなに動き回っても常にベスポジをキープできることから、プロスポーツ選手にもファンが多いんだとか。

しかも海外製ではなく、1点1点国内でミシン縫いされているという丁寧さも嬉しいポイントです。柄ではなく、パキッとしたカラーの組み合わせで魅せるというファッション性も、イマドキの人気の理由の1つではないでしょうか。

実は男性下着も手がけるワコールの「BROS」

引用元:http://store.wacoal.jp/disp/CWcDispBrands004.jsp?dispNo=002004017&dispBrandNo=001400220&utm_source=wacoal.jp&utm_medium=inside_link&utm_campaign=bros

女性下着で定番のワコールが、実はメンズ下着も手がけているということをご存じでしょうか?いかに体にフィットするか、という研究開発に力を入れるワコールですからメンズブランドでも期待できる逸品が揃っています。

日常の身体の動きにしっかりとついてくる動作性、更にダブルエアスルーによる快適な通気性を合わせもっていて、とにかく「快適」に装着することができるんです。「履くのが気持ちいい」ということで、今ジワジワと人気が出てきているブランドです。
デザインは、あまり奇抜すぎるものはなく、誰にでも無難に使いやすいものが基本になっています。価格帯も千円台のものからあるため、予算的にも安心ですね。

これだけはNG!気をつけるべき下着選びのポイント

オススメのブランドをご紹介してきましたが、大事なのは選び方です。言うまでもありませんが絶対NGなのは、ボロボロの下着を履き続けるということ。「今は見せる相手いないし・・・」と油断していると、ふいにやってくるチャンスを逃すことになりますよ!実際見せることがないにしても、実は下着は自分のオーラを作ると言われているんです。いつでも小綺麗でオシャレな下着を身につけていた方が、モテるだけでなく仕事も断然はかどるはず!

まとめ

また悩みどころのデザインですが、ボクサータイプであれば基本的にはあまり気にせず、好みで選んでしまってOKです。ピンクなど普段のファッションでは身につけないようなカラーでも下着だとOK!という女子が実は多いようです。普段モノトーンファッションが多い方なら、意外性を狙って少しパキッとしたカラーの下着を選ぶのもいいかもしれませんね。

好みが分かれるのは、やはりブーメランタイプやトランクスなどの形と、おふざけ系の柄物です。彼女の趣味がハマればいい時もありますが、まぁまずは避けておくのが無難と言えるでしょう。

ファッションのまとめにもどる