1. >
  2. >
  3. >

相席・合コンで出会った女の子と付き合う方法

ファッション 更新日:2016.07.31

相席・合コンで出会った女の子と付き合う方法

これまでに、合コンで出会った女性と付き合うカギとなるのは「3回目のデート」という話を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、実はその通説が覆されつつあります。実は出会った後1回目のデートが、その後を左右する重要な1日になるのです。

これまで勘違いしてしまっていた方のために、1回目のデートの重要性と、付き合うまでの重要なポイントをお教えしましょう。

女性は1回目、2回目のデートについてどう判断している?

■1回目を承諾されたからといって油断は大敵!
合コン後に2人でのデートを誘う=女性への好意を明示している、ということを皆さん本当に理解しているでしょうか?女性がデートを承諾している時点で、「私もある程度あなたに興味を持っていますよ」という意思表示にもなっています。
それと同時に、「1回デートしてみないとよく知ることができない」とも考えているため、よほど興味を持たれていないケースでなければ、1回目のデートはOKを貰いやすいのです。この、いわば女性から与えられたチャンスが1回目のデートだ、ということをよく理解しておかないと、誘いに乗ってくれただけで油断してしまうのですね。

■目標は3回目ではなく、あくまで完璧な1回目
3回目のデートを目標にすると、1回目は軽めのデートにしてしまいがちですよね。しかしデート自体がいくら楽しくても、そこで男性の付き合うことに対する真剣度が伝わらなければ、そもそも2回目に繋がらなくなってしまうのです…。
逆に、1回目を全力でアプローチすることができれば、自ずと2回目3回目は付いてくるものです。

2回目のデートは断られる可能性が増大

■なぜ2回目を断る女性が多いの?
1つのパターンは、1回目のデートで特に気持ちが盛り上がらなかった、というものです。先に述べたように、男性が3回目のデートに目標を持って行ってしまうと、自然と1回目のデートは付き合うことをすぐに想像できないような、軽めのものになってしまいがちです。
そうなると女性側にも真剣さが伝わらず、また友達関係のようになってしまうかもしれません。これはやはり、1回目のデートに全力で挑まなかった結果と言えるでしょう。

もう1つのパターンは、そもそも1回目が「断る理由探し」だったというものです。1回目のデートは合コンでのお礼の意味合いや、なんとなくで来てくれることがあります。しかし少し厳しいことを言うようですが、これが同時に断る理由探しにもなっているのですね。

1回目のデートで「付き合うのが難しい理由」を見つけられてしまった場合、その時点で断られるだけでなく、その後のやりとりもストップしてしまう可能性大なのです。

合コンから付き合うまでのカギは1回目のデート

■1回目で印象を残すには
1回目のデートで大いにアピールするには、女性に特別感とあなたの重要性を感じさせることが重要になってきます。つまり、「僕は他でも人気なんですよ」とアピールするということ。

例えば合コン後すぐにデートの約束はするけれど、その日程は少しだけ先にしておくなどというテクニックが効果的です♫また、やはりどれだけ相手のことを真剣に考えて行動できるかという点がカギになります。

■合コンから付き合うまでの期間は
「単純接触の原理」というものをご存知でしょうか?短い期間に繰り返し会う、ということだけでも、人は好感度が上がっていくと言われています。ですので、何度か会うチャンスができたのなら極力短いスパンで会えるようにするといいでしょう。
理想は、合コンや相席居酒屋での出会いから付き合うまで、1ヶ月以内です。女性とデートをする際は、気分を変えて昼間に買い物やランチをするのも◎。
仕事が忙しい人の場合は2カ月程度と考えてもいいでしょうが、それでもやはり会うスパンは短いに越したことはありません。頑張って予定を調節して、彼女をGETしてくださいね♡

デートに誘っている時点で、暗に告白しているということを忘れずに

合コンや相席居酒屋で出会って、2人でのデートを誘う時点で、あなたは告白しているも同然という事をよく覚えておきましょう。その状態なのにあなたが友達と接しているような態度だったら、女性は腑に落ちないと思います。

大事なのはきちんと告白するまでの回数ではなく、1回1回真剣に相手に向き合うこと。これを忘れないようにしましょう!

ファッションのまとめにもどる