1. >
  2. >
  3. >

【第一印象が大事!】女子の心を掴む自己紹介のコツ♡

何事も最初に受ける印象というのは後まで影響するものです。それは恋愛においても同じですよね!合コンや相席居酒屋などで初対面の女性の心をグッと掴める自己紹介をあなただけに教えちゃいます♡

テクニック 更新日:2016.09.25

【第一印象が大事!】女子の心を掴む自己紹介のコツ♡

「自己紹介ってなんだか苦手だし、適当にやり過ごせば良いか・・・」
「モテためには、自己紹介よりもとにかくその後のトークだよね!」


男性陣の皆さん!合コンの席や相席の場でこんなことを考えてはいませんか?
男女の関係は出会った瞬間に勝負が決まる!そのくらい、恋愛対象になるかどうかは第一印象がとても重要なのです。
今回は出会いの場でおざなりにできない、「男性が女性モテする自己紹介方法」を徹底的に見ていきます。

スタートが超重要!!相手の心を掴む自己紹介モテテクニック

<見た目編>

自己紹介と言っても、口に出して自己アピールをすることだけを指すのではありません。見た目に気を遣い視覚での好印象を与えることから始まっているのです。
おしゃれももちろんそうですが、それよりも大切なのはやはり「笑顔」であること。明るい表情でハキハキとしている人に悪いイメージを抱く人はいません。普段おとなしいタイプでも、ちょっと頑張って最初の段階でさわやかな笑顔を印象づけましょう。はじめから暗い印象をもたれると後々に挽回するのはなかなか難しいものなのです。

そして次に大切なのが服装や髪型。とはいえ流行りの洋服を着ているからモテる!というわけでは決してありません。自分に似合う清潔感のある装いやTPOをきちんと守り、相手に不快感を与えない格好を意識しましょう。

<振る舞い編>

いくら明るく場を盛り上げようと思っていても、変なテンションや過剰なノリは逆効果です。特に合コンや相席などの初対面の場では「空気を読む」ことを心がけましょう。あまりにも静かな雰囲気を一掃すべく盛り上げようと一生懸命になる気持ちもわかりますが、その場合には自分ひとりではなく同席した友人と協力し合いましょう。
モテの秘訣として、話す際には内容よりも声のトーンやスピードが特に重要です大切。早口で何を言っているかわからない、ボソボソと低い声で話すなどは相手を不快にさせてしまいます。たとえ緊張していても笑顔で落ち着いて話すことを意識しましょう。そうすることで余裕のある大人の男感も演出できてしまいます。

<紹介編:名前>

いよいよ口頭での自己紹介。しかしその際、男性のみなさんはどのように自分の名前を告げていますか?
最も丁寧でよく見られるのが「フルネーム紹介」。しかし実はこれ、ちょっと逆効果かもしれません。というのも、一度聞いただけでフルネームを覚えるのってけっこう大変なんです。「えーと、この人名前なんだったっけ・・・わからないから、あまり話しかけないほうが無難かな・・・」なんて思われてしまっては勿体無い!苗字もしくは名前のみ、普段から友人に呼ばれている方で紹介すると良いでしょう。ただしフルネームのほうが印象的で覚えやすいのであれば勿論それでも構いません。ニックネームのある人はそちらを告げるのも良いでしょう。とにかく大切なのは、相手の印象に残ることなのです。

<紹介編:職業>

「〇〇の会社で✗✗の役職についていて・・・」と、自己紹介の段階で自分の職業を詳しく話すのはあまりおすすめできません。なぜならこういったパーソナルなことは、後から盛り上がるネタにもなるのです。
はっきりと明示するのではなく、自己紹介では「医療関係」「飲食系」「デザイン関係」など、相手が興味を持つような言い回しに留めましょう。そうすることで相手から「どんな仕事をしているのかな?」と興味を持ってもらうことができます。

<紹介編:趣味>

自己紹介で趣味を言うのはもはや定番でしょう。しかし実はこれ、モテを目指すなら結構重要なパートだったりするのです。「特にないです」「(わかんないけど、テキトーに・・・)〇〇です」と答えているならすぐに見直してください!

というのも、趣味=フリータイムに何をしているのかというのはその人の個性そのものを表すことだからです。例えば「スポーツ」なら「アクティブで爽やかな人」、「読書」なら「知的で好奇心のある人」、「飲み会」なら「社交的な人」など、相手は趣味からこういった印象を無意識的に持ちます。ということは、いくら好きだからとは言え初対面の段階で「アニメ」「パチンコ」「フィギュア」などを挙げるのはリスクが高いです。それらは親しくなってから追々見せていくとして、自己紹介で言える趣味を用意しておきましょう。

現段階では本当に何もないという人は、「これからやってみたいこと」を挙げると良いでしょう。「最近はあまり行っていませんが、海外旅行に行きたくて準備しています」「この夏からサーフィンを始める予定です」と興味のあることを言えば後で話題として盛り上がることもできます。さり気なく男らしさをアピールできるものであればなお良しです。

自己紹介でその後のトークもスムーズに!

「肝心なのはその後のトーク」だなんて思っていても、最初の段階で興味を持ってもらえないと、話にすら参加できないかもしれません。逆に自己紹介で好印象だと、トークが普通だったとしても素敵なイメージを継続できます。
これらの自己紹介モテテクニックをマスターし、他の男性と一歩差をつけて飲みの場を楽しんでください!

テクニックのまとめにもどる