1. >
  2. >
  3. >

好きな女性を落とす方法とは?

いくら周りの女性からモテていても、自分が好意を寄せている女性を振り向かせることができなかったら意味がないですよね。「モテないわけではないのに、自分が好きな女性にはいつもフラれてしまう」「眼中にない女性にばかり言い寄られる・・・」と悩んでいる男性の特徴とは?

テクニック 更新日:2016.10.19

好きな女性を落とす方法とは?

なぜ好きな女性にだけモテない?

女性に全くモテない、というならまた話は別なのですが・・・。モテないわけではないのに、自分が好意を持っている女性とはうまくいかない、ということなら改善の余地はあります。そもそも、なぜモテるはずなのに好きな女性とだけ上手くいかないのでしょうか?

それは好意があるからこそ、その女性に対してだけ余裕がなくなってしまうのが原因です。つまり自分が興味ない女性には必死になる必要がないので、自然と余裕を感じさせる対応ができる。けれど自分のタイプの女性、好意を寄せている女性には必死になるので、自然と余裕がなくなってしまうということなんです。

女性が自分に興味を示すまで待つことが大事

タイプの女性にこそ必死になる気持ちは分かるのですが、そこをぐっとこらえて時が来るのを待つことができるかどうか、ということが非常に重要になってきます。出会ったばかりの「顔見知り」程度の関係性でグイグイ来られると、その時点で引いてしまう女性が多いのです。女性が男性と仲を深めて行くには段階を踏んでいる、ということを意識してみてください!顔見知り→友人→ちょっぴり気になる→好きな人というように、段階的に好意が増えていくのが女性の心理です。
マメな男性、積極的な男性は確かにモテるのですが、それはあくまで「気になる存在」になってからのことなので、少し注意してくださいね。

女性の「気になる存在」になるためには?

では、どうしたらグイグイいってもいい「気になる存在」という段階まで上がれるのでしょうか。まず初めの段階では、好みであることや好意を寄せていることは隠しておくというのが鉄則です。駆け引きですね。

その上で、単純接触の原理を利用してみてください!人ははじめは好意を寄せていなくても、単純に会う回数が多いと好意を抱きやすくなるものなのだそう。なので、ただの知人・友人としてでもいいので、とにかく顔を合わせる回数を増やせるように意識しましょう

また、色々な種類の体験を共有するということも大切です。例えば毎回の飲み会の席だけ、というのでは少々物足りないかもしれません。日中にも会う機会を設けたり、スポーツを一緒にする、ちょっと変わった遊びスポットへ出かけるなど、様々な体験を共有することで無意識のうちに「運命共同体」のような感覚が生まれてくるかもしれません♡

「気になる存在」に昇格できたら一気に攻めろ!

初めのうちは好意をあからさまに出してはいけない、と言いました。前述のテクニックを駆使していざ「気になる存在」まで昇格できたという確信があったら、その時は思う存分アタックしてみましょう!!
最初の段階でやられるとうっとうしいと感じてしまうようなことでも、既に女性の「気になる存在」になっている時ならベストタイミングです。一気に「好きな人」まで昇格できる可能性がぐっと高まります。どうやって好意をアピールするか、ということよりも、このベストタイミングをいかに待つことができるか、ということの方がかなり大切と言えるでしょう。

いかがでしたか?

付き合うまでは、先の予定をどんどん決めておくこともオススメです。とにかく間をあけないことが重要なので、まずは相手が行きたい場所、食べたいものなどの話から、「じゃぁ来週は話題の店に行ってみよう」「来月なら涼しいから外に出かけようか」など、次の次の予定まで決めてしまってもいいかもしれません。好きな女性を純粋に好きという気持ちを大切にし、彼女へ誠実な対応をしてみてくださいね!

テクニックのまとめにもどる