1. >
  2. >
  3. >

相席後、一晩で終わりにしない!お礼メールのポイント

せっかく盛り上がった相席居酒屋での出会いも、その日だけで次につながらないことってありますよね。自分は絶対盛り上がったと思って次の約束をしようとしても、一向に進展しないのはつらすぎますよね・・。

テクニック 更新日:2016.08.08

相席後、一晩で終わりにしない!お礼メールのポイント

じゃあ、解散でー・・・

それっきり、全然予定が立たないのって何か原因があるの?って思いますよね。
相席居酒屋や合コンでいい出会いがあった時、その後いかに彼女に近づけるかは、お礼メールやLINEにかかっていると言っても過言ではありません!男性からお礼メールをするベストなタイミングは?その後の進展の仕方は…?相席居酒屋での出会いを進展させるためのモテテクニックを知りたい皆さんに

相席に行く前に知っておきたい、アフターフォローについてお伝えしたいと思います♡

まずは男性からお礼メールの習慣を!

女性は、自分から連絡をするのはどことなく気が引ける…というか、やはり男性にリードしてほしい!と考えるものです。ここは男らしく、自分からしっかりとフォローを入れるようにしましょう。

まずは、相席居酒屋で盛り上がった当日、帰り道にでも1発目のお礼メールを入れるといいですね!ただし、ここで注意したいのが酔っぱらった状態で長々とやりとりをしないこと】。後に残るメールで変なことを口走っては台無しですし、相席居酒屋から酔って帰った深夜だと、お互い眠たかったり疲れていたりして盛り上がるものも盛り上がらなくなってしまいます。
あくまで翌日しっかりとやりとりをするための第1段階くらいに考えて、一言軽くお礼だけを伝えられれば十分です。

翌日昼間に本命のお礼メールを


相席居酒屋で出会った翌日、昼間に本命のしっかりとしたお礼メールを送るつもりでいてください。シラフの状態で送ることで文章もしっかりと考えられますし、相手も真剣に読んでくれる確率が上がります。

出会いの場である夜ではなく、昼間というのも「遊びではないよ」という意思表示になりますね。相席した時に盛り上がっていればいるほど、この翌日昼間の少し真面目なメールとのギャップにときめく女性も多いはずです。

お礼メールの内容は?

まず当日は軽く一言、「ありがとうね」程度のお礼メールでいいでしょう。ここで長々としすぎても、お互い酔っていてあまりいいことはありません。翌日送る本命のお礼メールは、簡潔かつ、相席でした会話の内容に触れて次のお誘いができるとベストですね。そのためにも、相席居酒屋では相手の会話をよく聞き、好きな食べ物、よく行く場所など覚えておくようにしましょう。

「昨日は付き合ってくれてありがとう!そういえば海鮮が好きって言ってたよね、銀座にうまい店があるんだけど週末暇だったら行ってみない?」といったように、シンプルかつ素直にデートに誘えると好感度大です!

本命以外から届いたメール・LINEには…


全員で連絡先交換をした場合、お目当ての女性以外でも、あなたのことを気に入って逆にお礼メールをしてくれる女性もいることでしょう。「この子は正直興味ないな、返事どうしよう…」
うーん…悩みどころですよね。

一見、本命の子とだけやりとりをする方が誠実とも言えそうですが、女子は意外と裏で繋がって、情報共有しているものです。あなたを気に入っている子をないがしろにしていると、後で悪い噂を流されかねません。
本命以外から来たお礼メールに対しては、平等に返しつつも一線を引いて、あくまで社交辞令だということが分かるようにしましょう。「またみんなで飲みたいね!」など、「みんなで」「日にちを指定しない」という形で返事をするとそれとなく伝わるはずです。こうすることできちんと平等に対応する姿勢を見せつつも、本命の子には特別感を感じてもらえることでしょう。

デートの誘いは相手の好み優先で

当然と言えば当然なのですが、本命の女性がデートに来てくれる確率を上げるには、その女性が思わず飛びつくようなデート内容にすることが大事です。そのためにも相席居酒屋の場でのリサーチは大切で、特に好きな食事や行きたい話題のお店などがないか、それとなく聞いておきましょう。

あなたにそこまで強く興味を持っていなくても、以前から行きたいと思っていた店に誘われたら「まぁとりあえず行ってみてもいいかな」とチャンスが増える可能性が高いです。まずはデートに来てもらうことが最大の課題で、その後はあなた自身の魅力で頑張ればいいのです!

いかがでしたか?

素敵な出会いを一晩で終わらせないためにも、女性の特徴とポイントをおさえて、良い関係になれるようにしてみてください!LINE一つで印象はガラッと変わりますので、気になる女性と出会えたあなたは諦めずにトライしてみては♡

テクニックのまとめにもどる