1. >
  2. >
  3. >

相席後にもう一度会いたい!上手なデートの誘い方

相席や合コンで気になる女性に出会えたら、次は2人でデートに行きたいですよね。そんなときに使える、女性を上手にデートに誘う方法を教えちゃいます!

テクニック 更新日:2016.08.17

相席後にもう一度会いたい!上手なデートの誘い方

せっかく相席居酒屋や合コンで気になる女性と出会えたのなら、やっぱりその後のデートにつなげたいですよね。みんなでワイワイの場から、いかにして2人でのデートにこぎつけられるかが肝心です。

■合コン後のデートは鮮度が命!


まず覚えておいていただきたいのは、合コン後のデートに誘うのは、早ければ早いほどいい!ということです。できることなら、その場で日程や場所まで約束してしまえるのがベストですね。

そうでなくても、連絡先を交換したらぜひその日の帰り道でお誘いのLINEを送るようにしましょう。お酒も入っている合コンだと、どんなにその場では盛り上がっても、日にちが経ってしまうと忘れられてしまいます。

たいてい連絡先を交換する時は、社交辞令だとしても「今度ご飯でも行きましょう」という一言が出ると思います。それをいかに現実につなげるかが肝心です。「社交辞令じゃなく、本当に行きませんか?!好きっていってたイタリアン、良い店があるんだ」と、1歩踏みこんだ誘いをした方がいいですね。

■日にちが経ってからのお誘いは、より具体的に


ベストなのは早めに誘うことと言いましたが、理想通りにうまくいかず、時間が経ってしまうこともあるでしょう。何日か経ってLINEのやりとりだけ続いた後だと、どうやってデートの誘いを切り出せばいいのか悩んでしまいますよね。

何日か間が空いてしまってからの誘いの場合は、より具体的に合コンの時の話題などに触れて誘うのがいいでしょう。例えば、「そういえば魚が好きって言ってたよね?表参道においしいお刺身を出すお店があるんだけど、行ってみない?」「平日は割と暇だって言ってたよね?前回仕事成功したって言ってたし、お祝いってことで軽く御馳走するからご飯付き合ってよ!」などなど。

合コンの時に軽く話した内容に触れた誘い方だと、「私との会話をしっかり覚えてくれていたんだ」と相手の好感度も上がりますし、あなたの真剣度も伝わります。

この技は、日にちが経ってしまった時こそ有効です。当日ではあまり意味がありません。当日話した内容を覚えていても、それは当たり前ですからね…。状況に応じて、ベストな誘い方ができるというのがいいですね。

■2回目のデートも夜に設定


初対面が相席や合コンだと、夜に会っていることになりますよね。お酒も入っている場でしょうし、2回目でいきなり昼間にシラフで二人きり…というのは、少々ハードルが上がってしまうかもしれません。

やはり2回目、初めてのデートは、出会いの場と同じく夜に設定するのがいいでしょう。夜に軽くお酒を飲みながらおいしいご飯を食べれば、緊張していたとしても、よほど相性が悪くない限りは盛り上がるはずです。女性としても、仕事帰りに軽くご飯を食べるくらいの方が、気軽に来やすいというメリットもあります。

昼間のデートは、3回目4回目でも遅くはありません。ある程度打ち解けてから昼間に会うことで、また新鮮味もあって盛り上がるはずです。

■誘いをかけることを恐れずに!


あまり合コンや相席の場に慣れていないと、「いきなりデートに誘ってガツガツしてると思われないかな…」と不安になる方もいると思います。けれど、それは大間違い。そもそも出会いの場に来ている時点で、基本的には男女とも恋人や、仲良くなれる人を探しているという前提があるのです。

それなのにいつまでたっても具体的な誘いがなく、だらだらLINEのやりとりだけが続いてしまうと「この人はこの先の発展を求めていないのかな…」とつまらない気持ちにさせてしまいます。手ごたえを感じないと、女性も次へ行ってしまうかもしれません。

出会いの場に行って、デートのお誘いをするのは当たり前のことです。できるだけ早く、直球で男性側がリードできるようにしましょう。

テクニックのまとめにもどる